ボードゲームアリーナに登場!「Go Nuts for Donuts」ルール&感想紹介

BGAに新しく「ゴー・ナッツ・フォー・ドーナッツ」が登場しました。

「甘い物を集めるのに、展開は甘くない!」心理戦の要素も含んだカードゲームです。

今回はルール紹介と遊んだ感想等をお伝えします。

ゲームの概要

あなたは、どんなドーナツが好きですか?

フレンチクルーラー、ボストンクリーム、ダブルチョコ…

色々ありすぎて、目移りしてしまいますね。

ただし、いつも欲しいドーナツを、手にいれられる訳ではありません。

2人以上が注文したドーナツは、誰も手に入れられないのです。

それでも人気のドーナツを狙いますか?

それともプレーンで手堅くいきますか?

あなたの選択がゲームの勝敗を分けるでしょう…

  • ゲームデザイナー:Zachary Eagle
  • イラストレーター:Claire Donaldson
  • パブリッシャー:Gamewright
  • プレイ人数:2~6人
  • プレイ時間:約10分
  • ルール難易度:1/5
  • 戦略要素:2/5
  • 運要素:3/5

ゲームのコンポーネント(内容物)

  • 70枚のドーナツカード
  • 42枚のセレクションカード
  • 7つのドーナツ列インジケーター

ゲームのセットアップ(準備)

各プレイヤーに、プレイヤーの数+1枚の「入札カード」を渡します。

(例:3人の場合、1~4の合計4枚)

プレイヤーの人数に応じて、カードの枚数を調整して、そのゲームで使うデッキの枚数を決めます。

調整方法、カードの説明欄の枠に記されている星の数で行います。

(例:星の数が4つ(★★★★)のカードは4人以上の時に使う)

ドーナツデッキをシャッフルし、裏向きに山札を作ります。

山札からプレイヤーの数+1枚(4人プレイの場合は5枚)をめくり、一列に並べて「場札」をつくります。

ドーナツの列番号インジケーターを各カードの上に並べます。

(備考):BGAで遊ぶ場合、ゲームのセットアップは、全て自動で行ってくれます。

ゲームの遊び方(ルール)

ゲームの目的

ドーナツカードを上手に集め、高得点を狙いましょう!

ゲーム終了時に最も得点の高いプレイヤーが勝利します。

ドーナツカードの見方

ゲームで使用するドーナツカードには、ドーナツの名前とイラストの他、

得点や得点条件、特殊アクションの内容が記載されています。

ゲームの手順

ゲーム終了条件が満たされるまで、以下の手順1~4を繰り返します。

手順1:ドーナツカード入札

場札のドーナツの中から、あなたが欲しいドーナツの番号が書かれた「入札カード」を他のプレイヤーから見られないように、裏向きにして場に出します。

手順2:入札結果の開示

全員の入札が終わったら、全員の入札カードを一斉にオープンします。

入札カード番号が「単独」の場合、そのプレイヤーは、ドーナツカードをGETすることができます。

入札カードの番号が、他のプレイヤーと「重複」した場合、誰もドーナツカードをGETすることはできません。

手順3:特別アクションの解決

入札の結果、GETしたドーナツカードに「特別アクション」が記載されている場合は、直ちにその効果が発動されます。

(特別アクションが記載されたドーナツカードが複数枚あった場合は、入札番号の若いカードから順番に発動します)

手順4:次ラウンドの準備

入札時に、誰も入札しなかったドーナツカードは、次ラウンドに持ち越しされます。

入札時に、複数入札があったドーナツカードは、除外され表向きのまま、捨て札の山に移動します。

次ラウンドの入札に備えて、山札よりドーナツカードを補充し、表向きに並べます。その後、終了条件を満たすまで、再び手順1の「ドーナツカードの入札」に戻ります。

ゲームの終了

ドーナツ列を完全に補充するのに必要なドーナツカードが山札になくなった場合、ゲームは終了します。

ゲーム終了後、得点計算を行い、得点が一番高いプレイヤーが勝利します。

まとめと感想

シンプルなルールながら、ちょっとした心理戦が楽しめるのが、良いと感じました。

プレイ時間も1ゲーム10分ほどで気軽に遊べます。

是非、皆さんもBGAでプレイしてみて下さい!

ボードゲームアリーナ「Go Nuts for Donuts」のページはこちらから

当サイトの他のボードゲーム記事はこちらから

今回も最後まで御覧頂き、ありがとうございました💖

Follow me!