BGAに2人用戦略アブストラクトゲーム「インサート」登場!日本語ルール紹介

ボードゲームアリーナに2人用アブストラクトゲーム「インサート」(Insert)が登場しました。

今回はルールと遊んだ感想を紹介します。

ゲームの概要

インサートは、「相手の駒の間に、自分の駒を挿入する」ちょっと変わった五目並べ系のアブストラクトゲーム。

配置制限を先読みし、うまく相手にハメましょう!

  • ゲームデザイナー:ブルーノ・カサーラ
  • パブリッシャー:Board Game Arena
  • プレイ人数:2人
  • プレイ時間:10分程度
  • ルール難易度:2/5(1易~5難)
  • 戦略要素:4/5
  • 運要素:0/5

ゲームのコンポーネント&準備

【コンポーネント】

  • 3×3マスで構成されたゲームボード×4枚
  • 赤白面をもつリング駒×30個

【セットアップ】

  • 4枚のゲームボードを自由に組合せて6×6マスのゲームボードを作ります。
  • それぞれ15個のリング駒を受け取り、自分の色(赤又は白)を表にし、自分の手元におきます。

ゲームの遊び方

それでは、ゲームのやり方・遊び方について紹介しましょう!

ゲームの目的&勝利条件

縦・横・ナナメ、いずれかで先に5目並べた方が勝利します!

ゲームの手順

先手番・後手番とも自分の手番になったら、自分のリング駒をゲームボード上のマスに1つ置きます。

ゲームのスタート時、最初のプレイヤーは、6×6マスの任意の場所に1つリング駒を置いたら、次のプレイヤーに手番が移ります。

次のプレイヤーも自分のリング駒を置くのですが、駒を置けるマスには制限がかかっています。

その制限とは、直前のプレイヤーが置いたマスに書かれたベクトル線上のいずれかのマスに置かねばなりません。

「フリーダム」制約からの開放!

ただし、ベクトル線上に駒を配置できるマスがない時は、好きな任意のマス(FREEDOM)に自分の駒を置くことができます。

上記のルールに従い、先手・後手、両プレイヤーは自分の手番になったら駒をひとつずつ置いていくのを繰り返します。

「インサート」相手の中に入れろ!

2つの相手のリングの間に、自分のリングを1つまたは複数挿入することができたら、相手のリングは自分の色になります。

インサートの具体的な例については、上図を参照下さい。

このゲームのちょっと変わったところで、特長ともいえるのが、この「インサート」のルールです。

このゲームのルールは以上です。

遊んだ感想とまとめ

「インサート」のルールが最高!

「相手のリング駒の間に、自分の駒を挿入する!」これがこのゲームの面白いところです。

リング駒のベクトル配置制限を上手く利用して、上手く相手の中にインサートできたら、最高の気持ちになれます。

「オセロ」は相手の駒を「挟む」。「インサート」は相手の中に「入れる」です!

アブストラクトなのにライトに楽しめる!

本ゲームは、「囲碁」や「オセロ」等と同様、「運要素ゼロ」のアブストラクトゲームです。

しかし、個人的にはカジュアル&ライトに楽しめるゲームだと感じました。

BGAでも遊べる「クアルト」と少し雰囲気&テイストが似ています。

カジュアルに楽しむなら時間制限必須

とは、言っても運要素ゼロですから、気軽に遊びたいのなら、絶対に「時間制限」は設けるようにしましょう。

逆に、ガチの「戦略アブストラクトゲーム」として楽しみたいのなら、時間制限なしのターン制で遊ぶとよいでしょう。

楽しいゲームですので、是非皆さんも遊んでみて下さいね!

今回も最後まで御覧頂き、ありがとうございました💖

(補足)

ボードゲームアリーナ「インサート」のサイトはこちらから

当サイトのボードゲーム紹介記事等はこちらから

created by Rinker
スモール出版
¥1,540 (2021/07/23 21:41:33時点 Amazon調べ-詳細)

Follow me!