英語で百人一首 第十首「これやこの…」蝉丸法師

藤原定家卿が編纂した「小倉百人一首」。

その中から毎回一首、ピーター・マクミラン先生の「英訳」も交えて紹介・解説します。今回は和歌番号第10番「蝉丸法師」の一句。

第十歌「蝉丸法師」

これやこの

行くも帰るも

別れては

知るも知らぬも

逢坂の関

小倉百人一首 第十番:蝉丸法師

ピーター・マクミラン先生の英訳

So this is the place!

Crowds, coming going

Meeting parting

those known, unknown

the Gate of Meeting Hill.

「WHACK A WAKA 百人イングリッシュ」(ピーター・マクミランより)

現代語訳

これがあの有名な、都から東国に下って行く人も、都へ帰って来る人も、ここで別れてはまたここで逢い、知っている人も知らない人も、ふたたび逢えるという、その名のとおり逢坂の関だよ。

歌人「蝉丸」(生没年不明)

平安時代初期の歌人ですが、生没年等、詳しいことは不明です。

今昔物語によると、宇多天皇の皇子敦実親王に仕える官位の低い役人。

琵琶の名人で、後に皇室の御物となった琵琶の名器・無名を愛用していたと伝えられています。

逢坂の関

画像引用:滋賀・びわ湖観光情報より

逢坂関(おうさかのせき、あふさかのせき)は、山城国と近江国の国境にあった関所です。

相坂関や合坂関、会坂関などと書かれることもあります。

都と東国・北国を結ぶ東海道・東山道・北陸道の3つの主要道が集まる交通の要衝でした。

平安時代中期以降、「不破関」「鈴鹿関」と共に三大関所のひとつと呼ばれています。

【関のあった場所】

近世に道が掘り下げられたことから、実際の関の場所は定かではありません。

しかし、長安寺付近にあった関寺と、逢坂関を関連付ける記述が更級日記や石山寺縁起にあることから、同寺の付近にあったと見られています。

なお、これとは別に滋賀県大津市大谷町の国道1号線沿いの逢坂山検問所(京阪京津線大谷駅の東)脇には「逢坂山関址」という碑が建てられています。

関蝉丸神社

画像引用:関蝉丸神社公式サイトより

関蝉丸神社は、歌舞音曲・芸能の祖神として現在も崇められています。

盲目だった蝉丸が開眼する逸話にちなみ、眼病に霊験あらたかで、髢(かもじ:髪の毛)の祖神ともいわれています。

(年中祭事「蝉丸祭」)

神社の鎮座や創建など、神さまや神社に特に縁の深い日に行われる由緒ある特別なお祭り。

当社は5月24日がもともとの例祭日、5月24日は蝉丸霊が亡くなられた日とされています。

芸事をこよなく愛した蝉丸をしのび、また地域発展や祈願などの願いをこめて神輿と樽神輿2基が巡行します。

5月24日に一番近い日曜日、第4日曜日10時から17時に行われています。

(場所・交通アクセス)

(上社)滋賀県大津市逢坂一丁目20(京阪大谷駅徒歩5分)

(下社)滋賀県大津市逢坂一丁目15-6(京阪上栄町駅徒歩5分)

東海道・逢坂追分の名物「走り井餅」

画像引用:株式会社走り井餅本家サイトより

京都市と大津市を隔てる逢坂山・追分は、かつて、京の都の玄関口として、東海道をゆく多くの旅人で賑わいました。

この付近には、清らかな水が勢いよくあふれ出す井戸があり、その様から「走井(はしりい)」と呼ばれ、旅人ののどを潤しました。

江戸時代になると周囲には茶店が建ち並び、旅人のオアシスになりました。そこで売り出された「走り井」の甘露でついた餅菓子は、その名を冠して「走り井餅」と呼ばれました。

以来、「走り井餅」は旅人をいやし、逢坂の地で長く親しまれる銘菓となったのです。(株式会社走り井餅本家より引用)

感想・雑記

画像引用:滋賀びわ湖観光情報より

「出会いと別れ…」

自分の人生を振り返えると、出会いと別れを繰り返してきた…

しみじみそう思います。

しかし、ひととき別れていて互いに生きていれば、再会できます。

この前、大学時代の学友とオンラインで同窓会を開きました。

懐かしい出来事や想い出が蘇り、その瞬間は学生時代に戻りました。

久しく会っていない人と逢いたくなった時は、自分から連絡すればよい。

そうつくづく感じています。

created by Rinker
カワダ(Kawada)
¥2,601 (2021/07/30 23:35:41時点 Amazon調べ-詳細)

【参考・引用サイト】

関蝉丸神社

株式会社走り井餅本家

滋賀・びわ湖観光情報

【あわせてよみたい】

当サイトでは、そんな小倉百人一首より毎回一首ずつ「英文訳」「現代語訳」も交えながら紹介しています😀。

また歌にまつわる「場所」の観光情報等も紹介しています。是非こちらの記事も御覧ください。

Follow me!