テレワークに最強のゲーミングキーボード「ロジクールG613」レビュー

コロナの影響で、自宅で昼はテレワーク、夜はPCゲーム…そんなサラリーマンの方も多いでしょう。今回はそんな「ゲーミングテレワーカー」にオススメのキーボードを紹介します。

昼は職場で資料作成、夜は自宅でPCゲーム…

私自身、昼は職場で資料作成し、夜は自宅でゲームを楽しむ…そんな普通のPCユーザーです。

しかし昨年からテレワークが始まり、自宅でも仕事をする機会も増えました。

私の場合、仕事で個人PCを使うことは許されません。職場PCを自宅に持ち帰って作業しています。

そのため、テレワークの時、デスクには、ゲーミングPCと職場のノートPCの2台が同居しています。

自宅のテレワーク環境を整備したい!

そんな訳でガジェット好きな私は、当然テレワークとゲーミング両方にマッチしたデスク環境を整えようと考えました。

そこでまず着目したのが、「キーボード」です。

これまで有線接続のモノを使っていましたが、これを機に無線接続のモノを検討することにしました。

一番の理由は、ひとつのキーボードで、自宅PCと職場PCの両方を操作したかったからです。

ワイヤレスキーボードは多数あるけど…

単なる無線接続のキーボードなら、各メーカーから多数のキーボードが発売されています。試しに価格コムで検索してみたところ、200種類以上がラインナップされています。また値段も手ごろなものなら2000円程度から購入できます。

しかし、メカニカルスイッチ搭載のゲーミングワイヤレスキーボードとなると途端に選択肢が少なくなります。その理由は、FPSゲーム等、瞬時の反応が要求されるシーンでは、無線より有線の方が、反応スピードが速いからです。そのため現在でもガチのゲーマーは有線接続を好んでいます。

そのため、ワイヤレス対応のゲーミングキーボードは、現在でも20種類程度しかありません。

私が選んだのは「ロジクールG613」

これらワイヤレスキーボードの中から実際に私が購入したのは「ロジクールのG613」です。

決め手となった点は…

  • メカニカルキースイッチ
  • USB/Bluetoothの両対応
  • お値段が手ごろ

G613は、ROMER-Gタクタイルスイッチ(茶軸)を搭載し、接点が1.5㎜と浅く他のゲーミングキーボードと比べても高速入力が可能です。

また、ロジクール独自のLIGHTSPEED接続で、1㎜secという高速レスポンスを実現、Bluetoothと併用することで、ボタン操作ひとつでゲーミングPCからノートPC、スマホ・タブレットへと接続先を切替えることができます。

加えて、お値段も手ごろです。ロジクールの公式サイトでは、税込16610円ですが、発売から期間が経過していることもあり、私はアマゾンから税込8800円で購入しました。

使ってみた感想は「大満足!」

実際にG613を使ってみた感想ですが、個人的には大満足です。

具体的な満足点を挙げると…

  • FPS等のゲーム時も全く入力遅延を感じない
  • メカニカルで心地よいタイピング音
  • ゲーミングPCとその他デバイスとの切替えは、ワンプッシュ
  • おまけとして付属するスマホスタンドがなにげに便利

これだけの機能のキーボードを1万円以下で入手できたので私は大満足しています。正直不満な点は、今のところありません。

ただし…使う人・場所を選ぶキーボード

私自身は、大満足で不満な点もないG613ですが、万人にオススメできるキーボードではありません。寧ろかなり人と場所を選ぶキーボードだと感じています。

人を選ぶ大きな理由は、3つ。

①サイズがバカでかくて重い

これまでも、テンキー付きのフルサイズキーボードを利用してきましたが、それと比較しても、サイズが二回りほど大きい(縦:478mm・横:216mm・高さ:33mm・重量(電池含む):1,460g)。そのためデスクスペースが狭い方にはオススメしません。

②左端のGキー(マクロキー)が邪魔

私は、気にならないのですが、他の方の評価を見ると、タイピング時に、ESCキー等と間違ってGキーを押してしまうというレビューもちらほらありました。

③キーボードがイルミネーションしない

最近のゲーミングキーボードは、イルミネーションバックライトを搭載したものが多いですが、本機には搭載されていません。個人的には、キーボードのイルミネーションは必要ありませんが…

これら3つのポイントから、万人にオススメできるキーボードではないことをご了解ください。

3つの点を解消したキーボードは「G913」

人によっては不満の種となるG613のこれら「3つの特徴」を解消したキーボードもあります。それは、「G913」です。

こちらは、G613の長所と言える高速ワイヤレスに対応し、薄型テンキーレスで小型軽量化に成功し、さらにイルミネーションもバッチリ搭載しています。

ただし、お値段は少々お高め(公式サイト価格:税込30250円)です。また販売されて日が浅く人気も高いため、まだ実売価格も最安で27000円前後です。

ワイヤレスキーボード「G613」のまとめ

  • ボタン一つで複数デバイスを切り替えられるゲーミングキーボード
  • LIGHTSPEED搭載でゲーム時の遅延も感じられない
  • イルミネーション非搭載でオフィススペースにも違和感のないデザイン

あなたが、もしゲーミングとオフィスユースの両方に対応した手頃なキーボードをお探しなら「G613」は有力な候補になるのではないでしょうか?

今回も最後まで御覧頂き、ありがとうございました💖

Follow me!