Microsoft Word 日本語音声入力の方法

はじめに

皆さん、こんにちは大河一滴です。

新しくマイクロソフトワードに日本語音声入力(ディクテーション)機能が追加されました。

今回は、実際に使用している様子を御覧頂きながら、次の3つの点を中心に紹介します。

  • 音声入力のやり方・手順について
  • 音声入力の変換精度について
  • アプリ版・WEB版・スマホ版の違い

音声入力が可能なワードのバージョン

日本語音声入力が出来るMicrosoft Wordのバージョンは、2020年10月現在、マイクロソフト365版、WEB版、スマホ版の3種類です。

買い切り版のオフィス2019には、現段階では音声入力機能が搭載されていません。

音声入力の手順

やり方は、とても簡単です。

  • ワードを立ち上げる
  • ホームリボン上のディクテーションより日本語を選択
  • マイクアイコンをクリックすると音声入力開始

たったこれだけ…

後は、マイクに向かって入力したい文章を読み上げればOK。

ちなみに音声入力中は、マイクアイコン上に赤い点が表示されます。

音声入力の使い勝手

入力スピードや認識率等は、どんな感じでしょうか?

こちらについては、「百聞は一見にしかず」

実際に音声入力している様子を動画にしていますので、そちらをご覧ください。

実際に利用してみた感想・まとめ

あくまでも個人的な感想ですが、かなり便利に使えると感じています。

入力スピードは、タイピングの達人にはかないませんが、かなりの速さです。

認識率も良好で、ほとんど誤認識なく入力してくれました。

ただし、現在のバージョンでは、句読点や改行等のコマンドも音声入力が一応は出来るものの、その認識精度がまだまだです。

(私の発音が悪いのかもしれませんが…😊)

実際はキーボードと併用して入力していくのがよいでしょう。

追記

「句読点」や「記号」等の入力一覧表は、マイクロソフト公式サポートページ

Wordで文書をディクテーションする」のページに掲載されています。

今回も最後まで御覧頂き、ありがとうございました💖

Follow me!