英語で百人一首 第九首「花の色は…」小野小町

藤原定家卿が編纂した「小倉百人一首」。

その中から毎回一首、ピーター・マクミラン先生の「英訳」も交えて紹介・解説します。

今回は和歌番号第9番「小野小町」の一句。

第九首「小野小町」

花の色は 

うつりにけりな

いたずらに 

我が身世にふる 

ながめせしまに

小倉百人一首 第九歌 小野小町

ピーター・マクミラン先生の英訳

I have loved in vain

and now my beauty fades

like theses cherry blossoms

paling in the long rains of spring

that I gaze upon alone.

「WHACK A WAKA 百人イングリッシュ」(ピーター・マクミランより)

第九歌:現代語訳

ふりつづく春の雨に、桜の花はさかりをすぎ、すっかり色あせてしまいました、かなえられぬ恋の想いにうちしずみながら、降り続ける雨をぼんやりながめ暮らしているうちに、私の美しさも、その花の色のように、こんなに衰えてしまいました。

歌人:小野小町

平安時代のはじめ、女官として宮廷に仕えていたといわれます。

大変な美人で、その美しさは着物を通して輝いたそうです。

和歌にもすぐれ、六歌仙、三十六歌仙のひとり。

また、クレオパトラ7世、楊貴妃と共に世界三大美女と呼ばれています。

雑記感想

この歌を聴く度、つくづく諸行無常を感じます。

若さや美しさは儚く、人生は無常であると…

人の命には限りがあります。

私も人生の折り返しを過ぎ、しみじみとそう感じます。

だからこそ、残りの人生をどう過ごすのか?

いつもこころの中で葛藤しながら…

日々の暮らしを営んでいます。

今回も最後まで御覧頂きありがとうございました。

<あわせて読みたい>
英語で百人一首・他歌の紹介記事はこちらからご覧ください。

Follow me!