チームビルディングゲーム「粘土のオブジェ」

みなさん、こんにちは! 一滴です😊

今回は、チームビルディングゲーム「粘土のオブジェ」を紹介します💖

ゲームの概要

チームビルディングゲーム「粘土のオブジェ」は理想のチームを粘土作品で表現するゲーム

まずは個人それぞれで、粘土作品を作り、その作品のストーリーを発表します。

その後、グループ全員でメンバーが理想とするチーム像を示す作品をつくりましょう…

ゲームの目的と狙い

この研修ゲームを通じて…

  • 「理想のチーム(職場)とは?」を参加者それぞれが考える。
  • 協働することによって、もっと素晴らしい価値が生まれることを体感する。

研修後の狙い(行動変容)

協働意識を高め、職場の創造性・生産性のUP

ゲームの準備

  • 所要時間…およそ90分
  • 推奨人数…1チーム4~6人
  • 必要なモノ…粘土×人数分、粘土板(下に敷く紙でもOK)×人数分
  • 会場レイアウト…チーム毎にアイランド(島)形式

ゲームの手順

手順1:個人ワーク(15分)

「皆さんに一袋ずつ粘土をお配りしました。今日は、理想のチームを粘土で作ってみましょう!まずは個人で、ひとりひとりが思う理想のチームはどんなカタチなのか、10~15分で粘土を使って表現してみて下さい」

1人ずつ作業できるように、粘土と粘土板か下に敷く紙を配っておきましょう。

カラー粘土や小麦粘土等、あまり手がべとつかないモノがベストです。

お互い会話しながらでもよいので自由に作ってもらいましょう。

その間、ファシリテーターはタイムキーパーの役割をしっかりしましょう。

手順2:個人発表(15分:ひとり2~3分)

「出来ましたか?それでは、それぞれの作品のストーリーを、チーム内で順番にお話ししてください。ひとり2~3分でお願いします!

「なぜ、そのカタチなのか」「何を表現しているのか」…等、順番に話してもらいましょう。

話し辛そうであれば、誰からスタートするのか…等、ファシリテーターは、サポートしてあげましょう。

手順3:グループ創作(30分)

「今度は、チームみんなで一つの作品に仕上げましょう!個人の価値観や想いを大切にしながら、合体させたり、新たに付け加えたりしながら、メンバーが理想とするチーム像を示す1つの作品をつくりましょう。制限時間は30分です!」

チーム内で作品を一つにまとめられるよう、大きめの紙か台を用意しておきましょう…。

ファシリテーターは、メンバーの作品が活かしあえるようにアドバイス・サポートしてあげましょう…

手順4:グループ発表(5分×チーム数)

「それでは、チームで作った作品に込められたストーリーを、順番に発表しましょう。各チーム順番に5分程度で発表をお願いします!」

各チームの作品の前に集合して発表を行います。

ファシリテーターは、それぞれのチームの健闘を称え、発表の後は拍手して互いに認め合う雰囲気をつくりましょう。

手順5:クロージング(5分)

「いかかでしたか? それぞれのチームメンバーの個性が表現された素晴らしい作品ばかりですね!チームでの仕事やプロジェクトも、ひとりひとりの声を生かしながら、チームワーク全開で進んでいけるとよいですね!」

勝敗をつけるのであれば、どのチームの作品・プレゼンが良かったか投票を行い、発表を行い優勝チームを決めます。

ファシリテーターは投票発表の後、5分程度で感想とクロージングを行いましょう。

まとめ

今回は、チームビルディングゲーム「粘土のオブジェ」を紹介しました。

理想のチーム像を「粘土」を使って具体的な形にする…そしてストーリーを語る…。

そんなちょっと一風変わったゲームですが、作品を作りストーリーを話す内に、だんだんと理想のチーム像が明確になっていくでしょう…。

若手社員研修等でよく行われるゲームですが、学校の課外事業等でも行うことができます。その時は作品のお題を「理想の3年B組」とかに替えてみるとよいでしょう。

また本ゲームは、粘土の代わりに「レゴブロック」等を使って行うこともできます。

是非、皆さんも職場や学校で楽しんでみて下さいね!

今回も最後まで御覧頂き、有難うございました💖

<参考文献>

created by Rinker
¥2,772 (2021/07/31 18:01:16時点 Amazon調べ-詳細)

記事内で使わせて頂いた粘土作品の写真は、「ふわこねらんど」さんの作品です

Follow me!