【簡単図解】Zoom「没入型シーン」(Immersive View)のやり方・活用方法

Zoomに新しく「没入型シーン」という楽しい機能が追加されました。

今回は、そのやり方や活用方法等について図解入りで紹介します。

「没入型シーン」(Immersive View)とは?

没入型シーンは、「講堂」や「会議室」等、ひとつのバーチャル背景の中に参加者全員を表示してくれる楽しい機能です。

Microsoft Teams やSkypeで既に実装されている「一緒モード(Together Mode)」と基本的には同じです。

「没入型シーン」のやり方

没入型シーンのやり方は、とっても簡単です。それでは早速紹介しましょう。

Step1:アプリのアップデート

没入型シーンは、「Zoom for Mac/Win v5.6.4」で新しく実装された機能です。

まずはアプリを最新バーションにアップデートしましょう。

ちなみにズームアプリは、アップデートは基本的には、自動ではなく手動です。

アップデートの方法について知りたい方は以下の記事を御覧ください。

Step2:「表示」より「没入型シーン」を選択

ミーティングに参加し、画面右上の「表示」をクリックした後、「没入型シーン」を選択します。

Step3:好きな背景を選択

様々なシーン背景の中から、お好みのものを選択した後、全員に適用します。

参加人数や活用シーンに合わせて使い分けるとよいでしょう。

「没入型シーン」の背景の種類

没入型シーンのバーチャル背景は、2人~25人用までデフォルトで8つのシーンが用意されています(2021年4月現在)

今回は、この8種について簡単に紹介しましょう。

1.アートギャラリー(5人まで)

オンライン飲み会やお楽しみ会等にいいかも!

2.講堂(25人まで)

難しい講義をする時は、講堂がぴったり

3.会議室(6人まで)

ワークショップ等、グループで話し合う時に

4.暖炉(2人)

友人と2人じっくり語りあいたい時に…

5.カフェ(2人)

恋人とオンラインデートを楽しもう!

6.教室(25人まで)

オンライン授業は教室で決まり!

7.キッチン(2人)

料理のレシピ紹介の時は、キッチンで!

8.ラーニングポッド(24人まで)

みんなでワイワイ、オンラインでお楽しみ会!

まとめと感想

「バーチャル背景」「背景ぼかし」に続き、今回は、新しく追加された「没入型シーン」を紹介しました。

オンライン授業の時は「教室」、ワークショップの時は「会議室」…等、

TPOに合わせて使えば、もっとミーティングが盛り上がること間違いなしです。

皆さんも是非、楽しみながら使ってみてはいかがでしょうか?

今回も最後まで御覧頂き、ありがとうございます💖

【追伸】
「バーチャル背景」のやり方について知りたい方は…

「背景ぼかし」のやり方について知りたい方は…

Follow me!