【英語で百人一首】第一歌「秋の田の…」天智天皇

日本人のこころ「小倉百人一首」

百人一首は、百人の歌人の和歌を、一人一首ずつ選んだ秀歌撰です。

中でも、藤原定家が京都・小倉山の山荘で選んだ小倉百人一首は「歌かるた」として、今でも多くの人に愛されています。

古典の授業等で学習した方も多いでしょう。

当サイトでは、そんな小倉百人一首より毎回一首ずつ「英文訳」「現代語訳」も交えながら紹介します。

今回は和歌番号第1番「天智天皇」の一句です。

第一首「天智天皇」

秋の田の

かりほの庵の

苫をあらみ

我が衣手は

露にぬれつつ

「小倉百人一首」第一番:天智天皇より

英文訳(ピーター・マクミラン)

In this makeshift hut

in the autumn field

gaps in the thatch

let dewdrops in,

moistening my sleeves.

「WHACK A WAKA 百人イングリッシュ」(ピーター・マクミランより)

現代語訳

秋の田のほとりの仮小屋にとまって、刈り取った稲の番をしていると、小屋の屋根をふいたり囲んだりしている苫の目が粗いので、その隙間から忍び込むつめたい夜露に、私の着物の袖は、しっとりと濡れていくことだなあ…

※苫(とま)…スゲ・アシ等を編んでつくったむしろ。家の周りをこれで覆った。

歌人「天智天皇」(626~671)

中大兄皇子と呼ばれた皇太子時代、中臣(藤原)鎌足とともに「大化の改新」を行いました。
その後、都を近江(滋賀県)の大津に移し即位。日本ではじめて水時計を作らせたことでも有名です。

「大化の改新」とは

645年(大化1)、中大兄皇子(のちの天智天皇)・中臣(藤原)鎌足らが蘇我氏を打倒して始めた古代政治史上の一大改革。

蘇我蝦夷(えみし)・入鹿(いるか)父子を滅ぼした中大兄皇子は孝徳天皇を即位させ、自らは皇太子として実権を握った。

翌年、公地公民制、地方行政組織の確立、戸籍・計帳の作成と班田収授法の施行、租・庸・調の統一的税制の実施を中心とした改新の詔(みことのり)を発布し、氏姓制度による皇族・豪族の支配を否定して、中央集権的支配の実現へと向かった。

大化の新政。(三省堂・大辞林第三版より)

まとめと感想

当時の農民の暮らしが伝わってくる素朴な歌だと感じています。

実はこの歌、農民の民謡が時代を経て、天智天皇の作とされたという説もあります。

ではなぜ、天智天皇の作と言われるのでしょうか?

「農民の生活に思いを巡らす程に、天智天皇が偉大で思いやりが深い人物だった」

そんな有力な説があります😊

今回も最後まで御覧頂き、ありがとうございました💖

<あわせて読みたい>
「百人イングリッシュ」について詳しくしりたい方はこちらをご覧ください。

Follow me!