英語で百人一首 第四首「田子の浦に…」山部赤人

日本人のこころ「小倉百人一首」

藤原定家卿が編纂した「小倉百人一首」。

その中から毎回一首、ピーター・マクミラン先生の「英訳」も交えて紹介・解説します。

今回は和歌番号第4番「山部赤人」の一句。

第四首「山部赤人」

田子の浦に 

うち出でて見れば 

白妙の 

富士の高嶺に 

雪はふりつつ

山部赤人

小倉百人一首:第4歌 山部赤人

ピーター・マクミラン先生の英訳

Coming out on The Bay of Tago,

there before me,

Mount Fuji

snow still falling on her peak,

a splendid cloak of white.

「WHACK A WAKA 百人イングリッシュ」(ピーター・マクミランより)

第四首:現代語訳

引用:田子の浦橋、1886年にアドルフォ・ファルサーリにより撮影された写真

田子の浦の海岸に出て仰ぎ見ると、白い雪を頂いた富士山が、ぱっと目に飛び込んできた。

その富士山の高い峰には、今もしきりに雪が降り続いている。それは何と美しく、神々しい山の姿だろう…

歌人「山部赤人」(生没年不詳)

奈良時代はじめ、元明・元正・聖武天皇に仕えた宮廷歌人。

行幸などに随行し、吉野や紀伊等に旅をして、自然を詠んだ歌をたくさんつくりました。

「万葉集」には長歌13首・短歌37首が、「拾遺和歌集」等、勅撰和歌集に49首が入首しています。

柿本人麻呂と共に「歌聖」と称えられ高く評価されています。

雑記・感想

写真引用サイト:富士じかんより

はっとする様な富士の美しさを歌い上げた素晴らしい一首ですね。

私は現在、関西に住んでいるため、普段は富士山を見ることができません。

しかし、東京に出張時、新幹線の車窓から見える「富士山」の美しい姿に、いつもこころ奪われてしまいます。

百人一首ゆかりの地「田子の浦」について、調べてみましたのでご紹介しましょう。

和歌宮神社

写真引用:ウィキペディア「和歌宮神社」より

歌聖「山部赤人」を祭った神社です。静岡県静岡市清水区蒲原にあります。

万葉集に収められた「田子の浦」の歌が同地(庵原郡)にて詠まれたことが由来であるとされています。織田信長は甲州征伐の後1582年4月13日に蒲原を通過した際、同地を訪ねたと言われています。

田子の浦みなと公園

写真引用:静岡県公式サイトより

ふじのくに田子の浦みなと公園は、田子の浦港の港湾整備工事で発生した浚渫(しゅんせつ)土砂を利用して整備された公園です。

写真引用:サイト「富士じかん」より

ランドマークである富士山ドラゴンタワーの他、山部赤人・富士山を望む万葉歌碑、海浜植物園、子育て支援広場、アスレチック遊具などを備えた冒険広場などがあります。

田子の浦漁港

写真引用:静岡県公式サイトより

田子の浦港と言えば、「しらす漁」が有名です。鮮度の良さとぷりぷりとした食感が特長で、県外からもこのしらすを求めて多くの人々が訪れます。

写真引用:静岡県公式サイトより

田子の浦漁協生しらす直売所・漁協直売所では、生しらすの他、技術を極めた冷凍しらすは「朝獲れたものと全く味が変わらない」と言わしめるレベルだとか…

写真引用:静岡県公式サイトより

また田子の浦漁協食堂は、漁協直営ならではの安さ。しかも、その日の早朝に獲れたしらすを食べられます。一番の人気メニューは「ぷりぷり生しらす丼」漁港のせり市場が食事スペースのため、港に並ぶ漁船を眺めながら、しらすを堪能できます。

写真引用:静岡県公式サイトより

まとめ

こちらのYouTubeより英訳ナレーションを聴くことができます

こんな記事を書いた私ですが、まだ一度も生シラスを食べたことがありません。

いつの日か、田子の浦を訪れ、美しい富士山とぷりぷりの生しらすを味わい、歌聖・山部赤人の一首を詠みあげたい…

そう願いながら…記事を書きました。

今回も最後まで御覧頂き、ありがとうございました💖

<参考>
英語で百人一首に関する他の記事はこちらからご覧ください。

(引用・参考サイト)

・富士じかん
・静岡県公式サイト

Follow me!